FC2ブログ

プロフィール

彼方

Author:彼方
ライトノベル好き。応援してるのはウィザーズ・ブレインとマリみて。また、米澤穂信さんと伊坂幸太郎さんの本を好む。あと、TYPE-MOON信者。広く浅いオタクで、最近はひだまりスケッチにハマってます。


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


最近のコメント


最近のトラックバック




ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
発売日にラノベを見つけたことなどほとんど無いこの地方都市で、何故かマリみて新刊が地方の個人経営の本屋で見つかると言う嬉しい誤算により手に入れました、『マリア様がみてる あなたを探しに』を。

思えばやっとこのときがきたのかという心境です。
これで決着着かなかったらどうしようという気持ちが大いにあるのですが、目次すら見ずに、飛ばして読むなど言語道断で慎重に読みました。

ということで感想と言おうか何なのかについて、一応発売直後ということで「続き」から。

なんと言おうか、読後非常にすっきりしました。

読者としては瞳子の抱えている問題が分かっていますので、その苦悩している部分というものについて理解があります。
けれども、祐巳はそれを知らないわけで。
祐巳が瞳子から話を聞いて、それを受け止め、瞳子を妹にしたいと思った。
「したい」という能動的な感情がラスト近くを読んでいて気持ち良かったです。

今までの祐巳の瞳子に対するアプローチというのは、「妹にしなきゃ」だったと思うのですよ。
しかし、今の祐巳は心から瞳子のことを「妹にしたい」と思っているわけです。
確か乃梨子のセリフだったと思うのですが、「祐巳様は誰が妹でも良いけど、瞳子は祐巳様じゃないと駄目なんだ」みたいなのがあったと思います。
このセリフの意味合いとは違うのですが、祐巳にとって妹は瞳子じゃなきゃ駄目なんじゃないかなと思った次第。

しかし、この作者様は登場人物の心情を描くのがホント巧いですね。
そして今までの既刊のタイトルやよく出てきたフレーズ等が上手く使われておりまして、ここ何巻かは悶々としていたものがフッと消え去り、小気味よく読めました。
ある意味で解決編みたいなものですから、当たり前かもしれませんが、ここ最近のマリみての中で一番楽しく読めました。

正直、まだスールになっておらず、人によってはまた寸止めかよと突っ込みを入れたくなるかもしれませんが、次巻が非常に楽しみです。
今までは次で決着するのかなぁとヤキモキしながら新刊を待ちわびてましたが、これからはどんな風に物語をすすめていくのかなぁと精神衛生上清く待てそうです。


白薔薇様の隠し場所については某掲示板で見たものが答えでした。
自分ではそうかなぁと思いつつ、いやいやあそこまでイベントについて考えてるんだし、車の下などそんな危険がありうる場所には隠さないだろう、とか勝手に思ってました。
あと、P.31~32の流れは悶えましたw

それでは。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://02350419.blog74.fc2.com/tb.php/28-573888d4


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。