FC2ブログ

プロフィール

彼方

Author:彼方
ライトノベル好き。応援してるのはウィザーズ・ブレインとマリみて。また、米澤穂信さんと伊坂幸太郎さんの本を好む。あと、TYPE-MOON信者。広く浅いオタクで、最近はひだまりスケッチにハマってます。


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


最近のコメント


最近のトラックバック




ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
作者も前回のあとがきで述べていたように、
Ⅵからウィザーズ・ブレイン本来のの物語が始まる。

どんな話になるのかと期待して読んだのが2週間位前?
いや、感想というものは読んだら勢いで書くべきだね。
まだまだフォーマットも出来ていないというのに。
口調なり文体なりをある意味で定型化といおうか、
何にせよ固めていきたいです。

で、以下感想です。

オールスターみたく今までのキャラクターが登場しており、
戦闘や今後の流れなど序章的なものではありましたが、
とても面白かったです。

冒頭でも述べたように、始まりということで、
魔法士の能力等に解説が入っていました。
これは刊行期間が空いたことも考慮してるのかw

まずはポイントを箇条書きに、

 ・ニューデリーのマザーコア反対派とマザーコア推進派
 ・ディーとセラの関係
 ・アニルとルジェナ
 ・悪魔使い同士の戦闘
 ・アニルの戦闘力
 ・各魔法士同士の戦闘における相性
 ・クレアのこれから
 ・ヘイズと幻影No.17のやりとり

・・・と挙げていけばキリがないですね。
戦闘など細かい部分でネタになるものはもっとありますし。

話自体は簡単で、大きくは賢人会議vsシティ側の戦いであり、そこにシティ内の分裂や錬・ヘイズの介入等様々な要因が入り込み、どのように影響され、どういう風に帰着させるのかが楽しみです。

また次巻は「悪魔使い」同士の戦闘を筆頭として、
特殊なIブレインを持った者同士の戦闘が多いでしょうし、
個人的には戦闘シーンに期待したいです。

ポイントとか挙げてるけどそれぞれの考察するのとか無理。
時間が欲しいなー。

ってことで1巻から読み直し次第、
ポイントや伏線などまとめていきたいですね。

それでは。
スポンサーサイト
某古本屋でそれぞれ100円にて
■ガンダムSEED 全5巻
■ガンダムSEED DESTINY 全5巻

以下のものは普通に本屋さんで
■マリア様がみてる クリスクロス 著:今野緒雪
■ナハトイェーガー 著:涼元悠一
■よつばと! 6巻

どこから見てもオタクにしか思えないw
ライトノベルで続編が出たら最優先のマリみて最新刊です。
思えばマリみてを読み始めたのは作品の中で1年前にあたる、
ウァレンティーヌスの贈り物からでした。
シリーズで30冊近くありますが、年に1回は一気読みするくらい好きです。

で感想ですが、まず、

祥子の挿絵(21ページ)がやばいくらい萌えました。

マリア様がみてるクリスクロス マリア様がみてる クリスクロス
今野 緒雪 (2006/12/22)
集英社

この商品の詳細を見る


しかしネタバレも関係なく感想を述べるよりも、まず、またしても、
レイニー止めならぬ「クリス止め」を食らうとは思いませんでした。

今回は前回の話から発刊が早いとは思ってましたが次の話がいつ発売されるか分からない以上、いつまで悶々とさせられるのか・・・。
前回のレイニー止めよりはマシですが早く次の話を出して欲しいですね。

話の内容としては、最近の中では非常に甘い展開になっているのではないかと思います。
読んでてニヤケが止まりません(笑)。最近は乃梨子×瞳子がいいですよね。
この作者はほんと視点と心情の使い方というか吐き出し方が上手いと思います。

あとがきで作者様も触れていましたが、
僕も白いカードの予想を立ててみる。

ヒントは、「く」「の」「る」「た」「ま」「うさぎのイラスト」でいいのかな?

(5分ほどの思考)

普通に考え付かないので思いついたときにでもそっと追記します。

それでは。

本日の購入本

何だか本当に個人的メモを羅列するだけのブログになりそうだw

本日の・・っつっても日付的には昨日ですが、

 ■ウィザーズ・ブレインⅥ 再会の天地<上> 著:三枝零一
ウィザーズ・ブレイン (6〔上〕) ウィザーズ・ブレイン (6〔上〕)
三枝 零一 (2006/12)
メディアワークス
この商品の詳細を見る

 ■しずるさんと無言の姫君たち 著:上遠野浩平
    
しずるさんと無言の姫君たち―The Silent Princess In The Unprincipled Tales    しずるさんと無言の姫君たち―The Silent Princess In The Unprincipled Tales
   上遠野 浩平 (2006/12)
   富士見書房
この商品の詳細を見る

の二冊を購入。

そのうちお気に入りのライトノベルだったり、作家だったりについて
書いていこうと思っているのですが、ウィザーズ・ブレインは恐らく
ラノベの中で続きを期待しているものの3本に入ってたり。

なので凄い嬉しいんですが、次が時間かかってそうで怖いですね。いろいろと突っこむべきところはあるんですが、先が読めない展開なだけに続きが気になります。
この日記あげたら読もうと思います。

元気と時間とやる気がそろったら感想あげたいなー。
でも感想書くとなると1巻から読み直したい・・・。

積み本も消化したいところなので、さっさとリストをあげてここに
アップして自分を追い詰めます。

それでは。

新たな気持ちで。

ちょっと真面目に文字を読みたいと思ったので、
自分を追い詰める意味でもブログ開始。

本の感想と未読本、購入予定本のメモ等、
基本的に自己満足になりそうな気がしなくも無いですね。

ネタが無くなるまでは更新を続けることでしょう。

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。