FC2ブログ

プロフィール

彼方

Author:彼方
ライトノベル好き。応援してるのはウィザーズ・ブレインとマリみて。また、米澤穂信さんと伊坂幸太郎さんの本を好む。あと、TYPE-MOON信者。広く浅いオタクで、最近はひだまりスケッチにハマってます。


最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


最近のコメント


最近のトラックバック




ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Fate-stay night [Realta Nua] 公式サイト

の『SYNOPSIS』のアンリミテッドブレイドワークスにて、ウィザーズブレインの作者である、三枝零一氏がコラムを書いてます。

今まであとがき等でBGMにエミヤなど書いてましたし、良い人選ですねw

以下はそのコラムを書くに到った経緯など。
成田良悟氏 個人HP
竹箒
スポンサーサイト
◆この時期は別れが付き物ですけど、これから先、一生会えないであろう人も多くいるんだろうなと考えてテンション下がったりしますね。
◆ラノベや伊坂さんのフィッシュストーリー等感想を書きたい本は多くあるのですが、感想書くのって難しいですね、ほんと。感想を残そうと思ってブログ始めたのに何だかなーと思ってしまいます。感想じゃなくて、文章として短くてもいいから読後メモとして何か残していくのも手なのかな。

ひだまりスケッチ関連
■「芳文社KR文庫」創刊! 第1弾は『ひだまりスケッチ』、ファンブックも発売
もう実は発売してたんですが、手に入れていません。明日には購入できたらいいなー。

■『ひだまりスケッチ』時系列と伏線総チェック!(その1)
今までの伏線のまとめということで凄い分かりやすくまとめてらっしゃるので、DVDで見直すときは参考にしたいですね。アニメはもうすぐ終わりですが、楽しみにしたいと思います。

■ひだまりスケッチ AA保管庫さん
アニメが進行していくごとにどんどん増えてます。毎度思いますが作ってる人は凄い。

■萌え壁紙コレクション(仮)さん
ひだまりスケッチも12枚の壁紙があります。結構初めて見たものもありました。

■携帯の待受け画像うp【2】
ということで携帯用の画像ですが、ひだまりスケッチも上と同じく12枚あります。ゆのとひろが背中合わせで腕組んでる奴が良いです。

■ひだまりスケッチオンリーイベント「やまぶき祭」
ゴールデンウィークだし行きたいけど、多分この頃の俺は修羅場です。

■「ひだまつり」イベントレポよりメインキャストからのメッセージ
アニメイトTVでの動画ですが前回まとめたときに載せていなかったので。阿澄佳奈さんは写真以外で初めて拝見しましたが、確かに「ゆの」って感じの可愛らしい方ですね。

結局何が書きたいのか分からんですがそんでは。
掃除してたら出てきたE-LOGIN。E-LOGINってのはもう廃刊してしまいましたが、エロゲー雑誌です。何で未だに持ってるのかは謎ですが。

表紙

それでちょうど『アダルトゲーム of the year 2000』などやってまして適当に紹介。

セールス部門

以下、①ヒロイン部門、②シナリオ部門、③サウンド部門、④ヴォイス部門でそれぞれの1位が①神尾観鈴(Air)②Air ③Air ④神咲那美(とらハ3)になってました。

総合部門

何というか『Air』が支持されてた年でした。
しかし、当時総合部門における20タイトルの中で、どうも10本もやってたようで。バイトしてたとはいえ年間10本は学生にとって財政的に厳しかっただろうなー。コンシュマーも結構してるだろうし今思うとやり過ぎっぽい。

この年でやっぱり記憶に残ってるのは「Air」「とらハ3」「銀色」の3本ですかね。
邪魔とは知りつつ未だに持ってます。何気にとらハ3はDVD版を去年やったような気がしなくもないですし。銀色は初回のCD版はやったんですけど、後のDVD版は結局やらずだったし暇が出来ればやりたいけど多分やる機会はもうないだろうなと。

この後、2001年初頭に月姫を思いつきで買って深みにはまったオタへの道を歩んだような気がします。そんでは。
遅ればせながらアンソロ読みました。
内容としてはひだまりスケッチ好きなら買いです!
それぞれの作家さんの作風もあるし絵柄での好き嫌いはあるかもしれないけど、私は普通に楽しめました。合わないなーと感じた作家さんは2名ほどで、これはその作者様の本職の漫画も合わないのでその通りでしたw4コマ漫画のアンソロということで、やっぱり4コマばっかりだろうかと思ってたんですけど、結構通常の漫画もありまして良かったです。個人的には、4コマでは愁☆一樹さんが、通常漫画では渡辺純子さんの漫画が好きです。

さて、DVDの1巻発売も近づいてまいりましたが、アニメイトTVの通販をふとのぞいてみると、
■TVアニメ『ひだまりスケッチ』オリジナルサウンドトラック(仮)  4月25日発売
とのことで。どうもDVD2巻の発売に合わせてのサントラ発売になる模様です。個人的には1巻と同時発売が嬉しかったですけど、気長に待ちたいと思います。以下のグッズもありますし。

■蒼樹うめ先生公式ブログ(3月12日)
■蒼樹うめ先生公式ブログ(2月23日)
■まんがタイムきららWEBより
3月27日にファンブックとして、『ひだまりスケッチブック』と『小説「ようこそひだまり荘へ」』がDVD1巻に合わせて発売されるそうです。ここに更にサントラを発売してくれたら嬉しいですけど、販促的に無いですよね。
ひだまりスケッチブックについては、ちょっとお高いとのことですが、2000円ですし、それだけのクオリティがあると信じます。小説はどれだけオリジナル要素が入っているかで大分感想が変わりそうですけど、作者となる日暮茶坊氏は基本的に原作を潰すようなモノを書く人ではないんで期待です。


ここからはきらら関連。

■TVアニメ ドージンワーク公式HP
ひだまりスケッチに続き、ドージンワークがアニメ化するということで、どうなるか不安も結構ありますが期待したいです。友達に借りて読みはしたんですが、月末に3巻が出ることだし購入しようと思います。
ここから芳文社の4コマ誌からアニメ化が増えそうなんて話もちらほら聞きます。確かに最近のアニメは原作付きが多いこともあり、原作探しにやっきになっているということもあるでしょうから、4コマ誌からのアニメ化の当たり(ぱにぽにetc、ひだまりスケッチもそうであると思うのですが)を受けて、芳文社系に進出するということは大いにありえるし、ひだまりスケッチやドージンワークはその第一歩であるかもしれないですよね。次芳文社からアニメ化がされるなら、荒井チェリーさんの『三者三葉』がくると予想。

■まんがタイムきらら化する芳文社の4コマ誌,あるいは進む4コマ誌の若返り
まんがタイム系で私が読んでるのはホームときらら、きららキャラットなんですが、ホームは確かにそう感じるところがあります。これが良い傾向なのか悪い傾向なのかは分かりませんが、受けて側である読者にとって良い方向に向かうことを願います。
ホームはむんこさんの『らいか・デイズ』が最高でして、上で予想は『三者三葉』って書きましたが、個人的には『らいか・デイズ』がアニメ化されたら嬉しいです。ただ、アニメ化しにくい作品である気がするので、微妙なのになるくらいなら見たくないですね。

書いてから気付きましたが3月末は滅茶苦茶お金の消費が多そうで倹約しないと・・。ということでそれでは。

マリみての近況。

■「マリア様がみてる あなたを探しに」の表紙公開
<関連>
■アニメ マリア様がみてる公式HP
■アニメイトTV WEBラジオ マリア様がみてる
■コバルト文庫公式HP
■絵師 ひびき玲音さん個人HP
■漫画版 マリア様がみてる1~7巻 

新刊の表紙が公開されまして、祐巳と瞳子ということでいろいろ話が進むのかなと思うと同時に、3薔薇それぞれの話も盛り込まれているようで祐巳と瞳子の話がまた中途半端になるかもしれないとも思うわけで。
刊行ペースは速いものの、1冊あたりのページ数は少ないのでどうなるのか心配です。あと半月ということでそれまで他のメディア作品でも見ようかと思います。

アニメに関しては~春~までは観てたんですが、OVAは観てないんですよね。あと、漫画も集めてないんです。1巻だけマンガ喫茶でよんだだけで。ドラマCDは聴いてますが、アニメより気に入ってるんですよね。アニメは作画が悪いわけじゃないんだけど、小説とはドラマCDのが相性がいい気がする。
とりあえず新刊発売までにOVA見て漫画読もうと思います。
そんでは。


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。